スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
iPad

新iPadPro11インチが届いたので開封の儀を行います。

どうもiPadPro大好き芸人の私(@kabotyanman512)です。

高鳴る胸の鼓動。

鳴るインターホン。

「宅急便です」

来ました!新iPadPro11インチです。

今回購入したのは,iPadPro11インチ(シルバー)の64GBのCellularモデルでございます。
Cellularモデルの中でも一番安価なものですね。

林檎
林檎
お金が無いんだろ?どうせ。

よくわかりましたね。金欠です。しかし,iPad歴6年の私からすると,そこまで容量を必要としたことがありません(基本的には,クラウドサービスを使っているので)。

今回は,iPad歴6年の私が本日届きましたiPadProの開封の儀を行い,その様子と触ってみた感想をお伝えしようと思います。

序・開封の儀

というわけで,早速開封の儀を行って行きたいと思います。

ダンボールアーマーを剥がす

いつものように例のダンボールで届いております。

まずは,ダンボールを開封していきます。Appleがすごいのは,ダンボールの形状までこだわっているところです。

これ見てください。

こんなところまで,テープで開けやすいようになっているんですよ?

とりゃ!

めちゃくちゃ開けやすいです。バコッ!

来ましたー。この瞬間は,何度でもたまりませんね。やはり新しいものを購入する時は,ワクワクドキドキです!

箱から取り出してみると,底のダンボールにビニールで貼り付けられています。
確実に,iPadProの箱が潰れたり,凹んだりしないように徹底して梱包されています。

こういうダンボールにビニールでくっつけてある系のタイプは,ビニールが硬いんだよなー。Amazonとかすごいとるの面倒くさいですよね。

???「私は,iPadProの梱包用のダンボールとiPadProを繋ぐもの。あなたの脳みそに直接話しかけています。」

林檎
林檎
あれ?なんか声がする。繋ぐものって表現してるけど、ただのビニールだろ。
あと,脳みそって表現怖いわ。

梱包用のビニール「私は,Amazonの梱包用ビニールとは,ひと味ちがうのです。」

林檎
林檎
まさか・・・。
林檎
林檎
簡単に・・・とれる!

はい。

Appleさんのビニールの梱包は,非常に取りやすく我々の指や爪にめちゃくちゃやさしいです。

最後に箱本体に巻かれているビニールをとって・・・

箱のお出ましです!正面から。

サイドから。相変わらず箱がかっこいですね。

裏面はこんな感じですね。

それでは,早速Appleの箱からiPadProを出してみましょう。

真・開封の儀

ついに本体が姿を現しました。この段階だと完全にただのまな板状態ですね。

取り出してみます。

下からいつものように内容物が出てきました。
内容物をすべて確認しましょう。

内容物確認

内容物は,以下の通り。

  1. iPadPro11インチ(本体)
  2. 両口Type-Cのケーブル
  3. Type-Cの充電器
  4. いつもの封筒

の4点です。いつもの封筒の中身は,これです。

極・開封の儀

内容物の確認が終わったので,iPadPro本体の開封をしていきます。

いちいちはがしやすすぎますね。(笑)

きました。

早速起動。

初期設定をすすめる。

完了!

あとは,触りまくるだけです。

開封の儀を終え,実際に触ってみた感想

実際新型iPadProを開封して実際に触ってみた正直な感想は

  1. ちょっとでかいSurfaceGo?
  2. 画面は大きくなった
  3. ベゼルでかい
  4. 角張具合は,iPhone5

感想① ちょっとでかいSurfaceGo

SurfaceGoとは,Microsoftが出しているSurfaceというシリーズのお手頃価格で購入できるものです。画像で言うと,これですね。

SurfaceGo引用:https://www.amazon.co.jp/

スタンドがiPadProにはついていませんけど似てません?

私のSurfaceとiPadProで記念撮影してみました。

これ絶対怒られるやつですけど,あまりにも似ていたのでやってしまいました。

ごめんなさい。SurfaceGoの詳細は,こちらから御覧ください。

感想②画面は大きくなった

確かに画面は,大きくなりました。私が持っているiPadPro9.7インチと比べてみると,一目瞭然です。

感想③ベゼルでかい

ベゼルとは,画面が表示されていない枠のことです。

これは,私がAppleの発表会のときから気にしていることです。ホームボダンがある側やフロントカメラがついている側は,相当小さくなりました。その一方で,それ以外の側面の部分は,ベゼルの大きさはあまり変わっていないように感じます。

画像を見ると,ベゼルの大きさがあまり変わらないのがわかります。

角張具合はiPhone5

今回のiPadProから角が丸から角張に変更されました。そのためイメージとしては,

iPhone5に戻った?印象を受けました。

というか厚さはほぼiPhone5と同じですね。

まとめ

今回は,新iPadPro11インチを開封し,触ってみた感想をまとめてみました。

個人的には画面が大きくなり,満足しています。その一方で,ベゼルが少し大きかったり,Surfaceに似ているのではないかというデメリット?を指摘しました。

これから購入する方の参考になれば幸いです。

今日もお読み頂いてありがとうございました。

閉じるのちょっと待った!読まないと損!
iPadPro11インチをレビュー。1ヶ月で100時間使った。 iPadProを使い倒して,使い倒しまくっている私(@kabotyanman512)です。 私がiPadProで行うことは,以...

こちらもどうぞ。

【緊急事態】新iPadProのカバーの選び方を間違えると大事故に。 どうも新iPadProの11インチを購入した私(@kabotyanman512)です。 ま...
iphone
新iPadProはTypeーCに変わって何が変化をしたのか。 新iPadProが2018年10月に発表され,11月7日発売されました。この新型iPadProで従来のiPadProと比べ変化し...
だめ
新iPad ProはフィルムでFace IDが使えない大事故 大変です。事故が発生しています。 新型iPadProのFace IDか使えないという現象です。 そもそも新iPad ...
サイズ
【2018秋】新iPadProはホームボタンどころかあれも無い。2018年10月30日23時からはじまったAppleの新作発表会。 今度こそ,新しいiPadが出るだろうと楽しみにしていましたが,...