iPad

iPadPro12.9インチにオススメのフィルムやケースのまとめ

林檎
林檎
iPadPro12.9インチを購入したよ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
おおー。いいなー。当然フィルムやケースは容易したんだよね?
林檎
林檎
と、とうぜんしたよぉ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
あ。これしてないやつだな。

どうもiPadProを相当ヘビーユーズしている私(@kabotyanman512)です。

一ヶ月に少なくとも100時間くらいは触っているのではないでしょうか。

さてこの記事はすでにiPadProを購入したけれどもフィルムやケースを購入していないあなたに私が本気でオススメするiPadPro12.9インチにオススメのケースやフィルムを紹介する記事になっています!

この記事を読めばあなたにピッタリのケースやフィルムを見つけることができますよ!

iPadPro12.9インチにオススメのフィルムを紹介していく

Good
林檎
林檎
お。今日は珍しく前置きが短いねぇ。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
まとめ記事だからね!

いつもは前置きがあまりにも長いので今日はさらっと本題に入っていきますよ!

ちなみにiPadPro12.9インチのフィルムの選択肢は大きく分けて2つあります。

  1. 光沢タイプのフィルム
  2. 非光沢タイプのフィルム

の2つです。

光沢タイプとはいわゆるガラスフィルムといわれるものでiPad本来の画面の美しさを損なわずに貼ることのできるフィルムです。

逆に非光沢タイプはいわゆるアンチグレアフィルムと呼ばれているもので表面につや消し加工されているものだと捉えてくれればいいでしょう。

アンチグレアフィルムはつや消し加工がされていることによってApple Pencilを使う際にちょうどいいひっかかりができて書きやすいという大きなメリットがあります。この辺を頭に入れてフィルムを選択してくださいね。

iPadPro12.9インチにオススメのフィルム①:Nimaso ガラスフィルム

まずはNimasoさんのガラスフィルムです。
私も何度もお世話になっているガラスフィルムメーカーさんになります。
なぜ私がこのNimasoさんのガラスフィルムを一番最初にもってきたか。

それは

圧倒的な張りやすさです。

実はNimasoさんのフィルムにはガイドがついています。そのため失敗することなくフィルムが貼れるんです(笑)

ちなみにiPadのフィルムを貼るのはかなり難易度が高いです。とくに12.9インチという大きな画面だと少しのズレが致命傷になります。

Nimasoさんはそんなことも心配不要。
ガイドがついているのは本当に強力です

林檎
林檎
このNimasoさんのフィルムは光沢フィルムだから忖度なしで言うとApple Pencilでイラスト書きづらいんだよね。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
そうだね。イメージでいうとガラスに箸で絵を書く感覚ににていますね。

正直いっておくとNimasoさんのフィルムは厚さがあるためお絵かきには向きません。
動画等を鑑賞するときはその透過率の高さが光りますが。

厚さがあるとやっぱりペン先と実際の描写が若干ずれます。お絵かきにオススメなのは下のフィルムになります!

iPadPro12.9インチにオススメのフィルム②:MS Factory ペーパーライクフィルム

林檎
林檎
紙が好きな好きなフィルム?
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
違う。「紙のような」だ!

次に紹介するのはMS Factoryさんのペーパーライクフィルムです。

素材はPET素材です。ガラスではないフィルムの一番スタンダードなものです。

林檎
林檎
ペーパーライクってどれくらいライクなの?
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
感覚としてはすりガラスに似ているかな?

つや消しがしてあり指で表面を触ると「ッスッス・・・」と音がする感じですね。

上で紹介したNimasoさんのフィルムに比べると全く書き心地は違います。
明らかにMS Factoryさんのフィルムは引っかかり感があります。

副産物として指紋がつかなくなります。
これも大きなメリットです。あとは基本的に割れませんので長いこと使うことができるというのも嬉しい点ですね。

あとは次に紹介するペーパーライクフィルムに比べて値段が安いのも評価できるポイントです!

iPadProにペーパーライクのフィルムを貼った。世界が変わったどうもiPadPro11インチを愛でてめでて愛でまくっている私(@kabotyanman512)です。 以前こんな記事を書きました...

iPadPro12.9インチにオススメのフィルム③:PCフィルター専門工房 ペーパーライクフィルム

林檎
林檎
専門店が作ったフィルム?
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
そうなんですよ。これはかなり評価の高いフィルムなんです。
「PCフィルター専門工房」iPad Pro 11用 ペーパーライク フィルム 紙のような描き心地 反射低減 アンチグレア 貼り付け失敗無料交換 保護フィルム(iPad Pro11)

ぶっちゃけて言うとガチでiPadProをノートやお絵かきで使うならこれ一択です。

MS Factoryさんのペーパーライクフィルムと比べてしまうとその差は歴然です。

このPCフィルター専門工房さんのフィルムの質は本当に高いです。

アマゾンでの評価の数を見れば一目瞭然です。

さらに問題の貼り付けに失敗した場合,フィルムを送れば無料で新しいフィルムが届くというサービスの充実っぷりもなかなかですね!

iPadPro12.9インチにオススメのケースを紹介していく

林檎
林檎
フィルムはPCフィルター専門工房に決めたよ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
オッケーそれじゃあ次はケースを紹介していくね!

ケースに関しては個人的に2択だと思っています。

両方とも私が実際に使っているので安心してくださいね!

iPadPro12.9インチにオススメのケース①:BrusmoCase Apple Pencil収納可ケース

iPadPro12.9インチのケースを選ぶときに気にしなくてはならないのはApple Pencilの収納場所です。

よくないApple Pencilの収納方法としてはただ磁石でつけるだけというものがあります。

こういうタイプのケースは収納というかくっつけるだけになりますので収納できていないわけです。

カバンの中で外れて奥底にApple Pencilが落ちていることなんて日常茶飯事になります。

それは防ぐのがこちらのBrusmoさんのケースです。

ケースの内側にApple Pencilをしまう形になります。

これだとカバンの中にいれてもApple Pencilが落下することはありません!

角度も二段階調節できますので非常に便利な逸品になります。

もしもキーボードが不要ならばこのケース一択だと思っています。
それぐらい便利です。

iPadPro12.9インチにオススメのケース②:
SENGBIRCH キーボード付きケース

林檎
林檎
俺はキーボードがほしい!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
それならこれだねぇ!

キーボード着脱可能なSENGBIRCHのケースです。

iPadPro11インチはApple特製スマートコネクターに対応していますが多くのキーボードはスマートコネクターでの接続をあきらめてBluetoothでの接続に対応しています。

今紹介しているSENGBIRCHも例にもれずBluetoothでの接続です。

充電式で一度フル充電してしまえば60日は使うことができます。
忘れたことに充電なくなるレベルなのでほとんど気にしなくてもいいです。

ちなみにバックライトも光らせることができるので暗所での作業もらくらくです!

こちらも詳しいレビューがこちらにありますので参考にしてくださいね!

キーボード
iPadPro11インチに安いキーボード付きケースを使った結果が以外だった! というわけで安かろう悪かろうが本当か確かめる記事です。 安いキーボード付きケースが本当に悪いのかど...

iPadPro12.9インチにオススメのフィルムやケースのまとめのまとめ

まとめのまとめって日本語変ですけど仕方ないですね。(笑)

今回はフィルム3種類,ケース2種類という非常に厳選して紹介させていただきました。

Amazonを見てもらうとわかりますが同じような製品が乱立してどれがどれだかわからなくなっているのが現状ですよね。

実際似た製品が非常に多いですよね。

このブログが少しでもそのややこしさを解消するのにつながれば幸いです。

あなたにあったフィルムとケースが見つかったでしょうか!?
見つかればこれ以上嬉しいことはありません!

今回もお読みいただいてありがとうございました。

オススメの周辺機器に関してはこちらの記事を御覧ください!

ホームボタンがないiPadProに本当に必須なアクセサリー5選 というわけでiPadProを購入したい人もこれから購入する人もiPadを手に入れ...

 

Amazonで買い物する人全員必見!

Amazon ギフト券

Amazonにはギフト券という制度がありその制度を利用することで最大21%の還元を受け取れます!

あなたも高還元されちゃいましょう!

AmazonPrimeは絶対得!その理由は?

Prime会員私はAmazonPrimeに5年以上継続で入っています。その理由はコスパです。

AmazonPrimeはその他の有料会員サービスに比べて明らかに秀でています!
詳しくは上の画像をクリック!

最新の記事はこちら!