スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
iPad

水没したiPad を非正規店で修理。信用できるのか。

iPad 非正規店熱さで熱中症になってしまった私です。私は,幼少から野球をやっていて熱中症になんてなるわけないと思っていたんですが,急に来ました。発汗量が異常だとは思ったんですが,症状が出たときからは一瞬でした。

目の前が真っ白になり,吐き気や手の震えなどの症状がでました。みなさんも注意してくださいね。

なんだか最近水没ネタが多いですね(笑)今回は水没した後の最終手段として,Appleストアではない修理屋さんにiPadを修理してもらった話です。前の記事はこちら。

あわせて読みたい
防水
風呂蓋の上のiPadと3分の眠り。iPadを風呂でも使っている私。 どうも風呂に入る時間がどんどん伸びて,いつの間にかのぼせている私です。さて,この前,iPadが水没しても諦めるな!なんて記事を更...

この前の記事通り,私のiPadPro9.7インチが風呂に私と一緒に浸かってしまい水没してしまいました。いろいろ試してみたもののうんともすんともいわなくなってしまい,ネットで検索してみると,水没復旧センターがあることを発見しました。

実際に電話してみると,復旧率は,70%ぐらいあるとのこと。期待して預けてみました。

結論:後遺症が残ったが復活。

結論から言うと,私のiPadは復活してくれました。しっかりと電源も入りますし,タッチ操作,ApplePencilも問題なく作動します。では何が後遺症かというと。

これです。

わかりますか?わかりませんよね。液晶に白いスジが入ってしまいました。黒や青系統の色の発色には何の問題もないのですが,白や黄色など,薄い色を発色するときに白いスジが入ってしまいます。
店員さんに聞いてみると,やっぱり水没の影響みたいです。何がどうなってこのような症状になるのかはよくわかりませんが。タッチ操作には影響ないですが,もう中古品としては売れませんね。

修理をしてもらうときの注意点

修理してもらう注意点

実際に非正規店で修理してもらった私が注意点をあげてみます。

  • 正規店での保証が無意味になってしまう可能性がある。
  • 不完全な修理。
  • 店構えが結構な怪しさ。

具体的にひとつずつ説明していきます。

正規店での保証が無意味になってしまう可能性がある。

Applecareに加入していた場合,それが使えなくなってしまう可能性があります。もっと言うと,Appleストアでの修理を受け付けてくれなくなる可能性があります。

ここで注意が必要なのは,あくまでも可能性があるというものです。iPadやiPhoneをAppleストアへ修理を出した時,Appleさんが非正規店で修理をしたことに気づけば修理してくれません。

林檎
林檎
いやいや気づくでしょ。

それがそうでもないんです。例えば,iPadに不具合が出たとき,非正規店に修理のため持ち込んだとします。どのように修理するかというと,カバーを開け,中身を確認します。その後不具合のある部品を交換します。

このとき取り換える部品が明らかに非純正の場合,Appleストアへ持ち込んだ際にばれてしまうことが多いです。カバーを開けると,保障から外れると勘違いされている方がいますが,カバーを開けたこと自体ではばれることは少ないようです
修理に使用する部品に関しても非正規店はなるべく純正品に近い部品を用意してくれていますので,ばれたり,ばれなかったりするみたいです。

そもそもAppleCareに加入している方は,非正規店で修理しませんよね。

不完全な修理。

私のiPadのように完全に治らないケースもあるみたいです。その場合も当然料金はとられます。ただし,基本的に修理屋さんは,成果報酬制をとっているため,最初にどのようなときに報酬が発生するのかを確認する必要があります。店舗によって違うと思います。私が依頼した店舗はかなり良心的で,治らなかった場合,一切報酬はいらないという形でした。

それに加えて治るどうかわからないということを言われます。もしも,あなたが完璧主義でお金を気にしない方は,Appleストアへ持ちこんだ方が無難といえるでしょう。

店構えが結構な怪しさ。

店構え怪しいですよ。実は,私が非正規店で修理してもらったのは,今回で二回目です。前回は,液晶を修理してもらいました。そのときはさびれたビルの六階。今回は,さびれたビルの二階。

私の印象は,大抵非正規店=さびれたビルですね。初めてでは入りづらいです。Appleストアとは別のはいりにくさですね。(笑)内装は結構きれいでした。いかにも非正規って感じ出てますよ。

非正規店で修理してもらうときのメリット

メリットとは

先に注意点からあげてみましたがもちろんメリットもあります。

  • 値段が安いこと。
  • 待ち時間がないこと。

値段が安いこと。

大きなメリットですね。値段が全然違います。Appleでの修理の料金を見てみましょう。

公式 引用:https://support.apple.com/ja-jp/ipad/repair/service

はい。めっちゃ高いですね。基本的にあまり修理したくないんでしょうね。修理するんだったら新しいの買えという意図がビンビン伝わってきますね。それに比べて今回,私が水没復旧に関して支払った料金はなんと

12800円

めっちゃ安い。これなら新しいiPadを買わなくてよかったと思えますね。ありがたやありがたや。いろいろなデメリットはありますが,値段が安いのは,本当に助かりますね。

待ち時間がないこと。

私は一度,AppleストアでiPhone6を修理してもらったことがあります。その際に,予約をしていったにも関わらずめちゃくちゃ待たされました。かれこれ1時間くらいかな?

今回の待ち時間はというと,

0分です。

一切待っていません。待ったのはエレベーターに乗っているときだけです。(笑)

実際に水没したiPadを修理をしてもらった流れ

流れ

実際に水没したiPadを修理してもらった流れを書いてみます。

  1. ネットで時間の予約(予約があったほうが当日スムーズにいく)
  2. 店に本体を持っていく。
  3. こういう時に,報酬が発生します。注意点の説明。
  4. 本体を店に置いて帰宅。
  5. 次の日に電話で,スジはいっちゃってますが良いですか?の確認の電話。
  6. 店へ本体をとりに行き,支払い。→完了

こんな感じでした。修理に出して,次の日には仕上がったのは驚きでした。

まとめ

今回は,私が非正規店にiPadを修理に出した経験をひたすら綴ってみました。実際に修理してもらって私はかなり満足しています。コスパは最強ですので,コスパを求めるあなたは非正規店での修理をオススメしますよ。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

こちらもどうぞ。

あわせて読みたい
iPad2
iPadが水没。諦めるな。5つの行動がiPad復活へと導く。 トイレにiPhoneXを落としてから水没事案が多い私です。 具体的にいうと私が愛用してきたiPadPro9.7インチが水没...