スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
iPhone

【レビュー】AppleMusicが半端じゃない。もうCDには戻れない。

AppleMusic

どうもAirpoderの私です。

Airpoderっていうのかな?(笑)

私は日常的にAirPodsをつかっているひとのことをAirpoderなんて呼んでいます。

きっとそう呼んでいるの私だけです。

さて,みなさんCD使っていますか?

この前あるテレビ番組でGEO?というお店の売り上げについて特集していました。まさに全盛期であるというような取り上げ方をしていましたた。

あなたも考えている通り,そのうちレンタル店舗はこの世から姿を消します。

私はその片鱗をAppleMusicに見出しました。なにも考えず「便利なの?」なんて気楽に契約したAppleMusicについてレビューしていきたいと思います。

AppleMusicとは月に980円支払うと,Appleさんと契約してある音楽がiPhoneやiPadで聴き放題になる超絶便利さサービスです。

結論:AppleMusicは音楽界を支配する

AppleMusicが音楽界を

「AppleMusicが音楽界の中心になってしまう。」そんな危機感?を感じてしまいました。

私は音楽をランニングや作業中に聞くのが好きです。あなたもそうなのではないでしょうか?

よく家の近く(車で15分)のCDレンタルショップに行きCDを借りて音楽を聴いていました。

(田舎すぎるという突っ込みは置いといて・・・)

そこからパソコンに取り込んで,iPhoneやAppleWatchに入れて・・・。

面倒くさい!

面倒くさすぎた。この作業のせいで新しい音楽をきくことが億劫になっていました。

AppleMusicを契約すると。

契約

AppleMusicにひょんなことから契約し始めました。

友達に勧められたとか,ブログを読んだとかそんなわけではなかった気がします。

とにかく,AppleMusicを契約しました。月980円です。

世界変わりました。

あの面倒だったCDを借りに行くために車を15分も走らせ
CDを探すために店内を歩き
自分の借りたいCDがすべてかりられており「ぐぬぬ」とつぶやくこと(周りから見たら完全にやばいやつ)がなくなりました。

もちろんパソコンにCDを取り入れiPhoneとパソコンを線で繋ぐ動作もいりません。

好きな音楽を聴きたいときは,ポケットからiPhoneを取り出し,好きなアーティスト名を検索し,再生ボタンを押せばよいのです。最新の音楽が手のひらの中に常にある感覚は素敵なものです。

しかし,AppleMusicについてはいくつか疑問がありました。

どれくらいの音楽があるの?

どれくらい音楽があるのか

どれくらい曲の数があるかというと日々音楽が増減しているので正確にはわかりませんが,約3000万と言われています。

もはやレンタルCDショップを超えているのではないかという印象ですが,ネットの便利さを感じますね。

最近話題のアーティストは?

そもそも私のようなおじさんは,最近のアーティストがなにかわかりませんが・・・。

例えば,KANA-BOONさん,ゲスの極み乙女さん,ケツメイシさん,TWICEさん

意外とある印象です。

残念ながら一覧をみることができないんですよ。

とても親切な方がこちらにまとめてくださっていますので,こちらを参照にしてください。

一番手っ取り早いのは,1000円払って一か月契約してみることですね。

圏外だと音楽が聴けない?

圏外

当然音楽はインターネットからダウンロードします。そのため,圏外だと音楽が一切きけません。

しかし!

AppleMusicは対策をちゃんと考えてくれています。

AppleMusicはストリーミング再生(ダウンロードしながら音楽を聴く)とダウンロードに対応しています!

どういうことかというと,AppleMusicにある音楽は,あなたのスマホにダウンロードすることが可能だということです。

つまり一度ダウンロードしてしまえば,圏外であろうと関係なく音楽を聴くことができるということです。

通信料やばいでしょ?

通信料が

ダウンロード!?通信料めちゃくちゃかかるじゃん!そう思われるのはごもっともです。

しかし一曲は,約4MBです。1GB消費するためには,250曲聞く必要があります。時間にすると,250曲×4で1000分です。

数字が苦手なあなたに簡単に言うと,案外通信料がかかりませんので,がつがつ音楽を聴いても大丈夫ということです。

それでも気になる

それでも通信料が気になるあなたにはオススメの方法が2つあります。

  1. 音楽をダウンロードしちゃう
  2. AppleMusicでの通信をノーカウントなSIMを使う。

音楽をダウンロードしちゃう

上で書いたよいうに音楽をWi-Fi環境でダウンロードしておけば,あなたのスマホにデータがあるため通信料が一切かかりません。

その代わり,iPhoneの容量を喰ってしまいますので,良し悪しですね。

AppleMusicでの通信をノーカウントなSIMを使う。

実は,私が使っているBiglobeさんのSIMはAppleMusicで通信する際の通信料をノーカウントにしてくれます。

他にもYoutubeの動画もノーカウントになります。

月500円でそのようなオプションをつけることができます。SIM会社で迷っているあなたは選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?

AmazonMusicでもよい?

Amazon

ここだけの話ですが,ライバルにAmazonMusicというものがあります。

機能に関してはほぼAppleMusicと同じです。

さらにAmazonMusicは,Prime会員であれば無料で使うことができます。

お金は払いたくないけど,CD借りるのは面倒。という人はAmazonMusicで我慢するのも手かもしれません。ただし,曲の数は,明らかにAppleMusicのほうが多いので悩みどころですね。

微妙なところは?

微妙

微妙なところは,めちゃくちゃメジャーなアーティストはカバーされていないところですかね。

例えば,ゆずなどは聴くことができません。

イメージとして,音楽の事務所が絶賛売り出し中のアーティストは基本的に聞けません(涙)

米津玄師とかもだめです。。。。

ただワンオクロックとかはいけるので,何が境界線なんでしょうね。その辺の記事も調べて書こうかなと思っています。

まとめ

とにかくAppleMusicは便利です。

なんならいまもカフェでiPhoneXからAirPodsにケツメイシをストリーミング再生しながら記事を書いています。

周りからどんな感じで見られているかはわかりませんが(笑)

とにかく百聞は一見如かずなので,一か月試しに契約してみることを勧めますよ。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

こちらもどうぞー。

あわせて読みたい
デメリット
純正メモ帳とEvernoteの使い分け?メモアプリ二つ使う必要あるの? どうもヘビーEvernoterの私です。 Evernoterとは,Evernoteを自称使いこなしている人の名称です。 ...