iPad

【まとめ】2019年9月Appleのイベントで発表されたものについて解説!

iPhone11
林檎
林檎
Appleのイベント見た?
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
見たよ!ちゃんと2時から起きてた!
林檎
林檎
私起きてなかった・・・解説してよ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
まかせろ!解説するぜ!

というわけでこの記事は2019年9月11日に行われたAppleスペシャルイベントで発表された商品をひたすらまとめる紹介していきたいと思います。

もちろん私(@kabotyanman512)はリアルタイムで見ていました!

まずは一気に発表されたものを紹介していきますね。
そのあと1つ1つ詳しく解説していきます。

Appleスペシャルイベントで発表されたもの一覧

それでは一覧をどうぞ!

  1. AppleAcade
  2. Apple TV+
  3. 10.2インチiPad
  4. Apple Watch Series 5
  5. iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone11 Pro Max

こんな感じです!おそらく一番あなたが興味あるのはiPhoneやiPadだと思うのでまずはそちらから解説をしていきますね!その次にAppleWatchなどなど解説していきます!

iPhone11について

まずはiPhone11について解説していきます。

今回発売されたiPhoneはiPhoneXR/iPhoneXS/iPhoneXRの後継機です。

こんな風に対応しています。

iPhoneXR→iPhone11(カラーバリエーション豊富なもの)

iPhoneXS→iPhone11Pro(普通のサイズのホームボタンないもの)

iPhoneXSMAX→iPhone11ProMax(でかいホームボタンがないもの)

気になるのはどんな機能が加わったのか。どういう外見になったのかですよね。
次の章ではそれぞれのiPhoneがどんな機能をもっているのか,どんな外観なのかを解説していきます!

iPhone11

こちらがiPhone11になります。

まずは外観ですがみたらわかるようにカメラがiPhoneXRのときより1つ増えて2つになりました。

このレンズが2つになったことによる恩恵は以下の通り。

  1. 広角に写真をとれるようになった。つまり「おーい。右の人入ってないよー。」がなくなった。
  2. ナイトモードが搭載された。つまり暗いところでもきれいな写真がとれるようになった。
  3. ポートレートモードが強化された。つまりボケ写真がうさらにまくとれるようになった。

こんな感じです。

ちなみに色は6色展開です。

充電もちもiPhoneXRよりもよくなっているということみたいです。そりゃ進化してないと困りますが(笑)

もちろん中身も強化されていましてiPhone史上最強のチップが入っています。A13 BionicチップというものでiPhone11Proと全く同じチップです。

つまるところiPhone11の処理能力はiPhone11Proと全く同じでカメラの性能が若干iPhone11Proよりも落ちiPhone11ProとiPhone11ProMaxのサイズとの間の大きさと覚えておけばいいでしょう(あとで読んでゲシュタルト崩壊しそうになったけど解読してください(笑))。

参考までにiPhoneXRとiPhoneXSとiPhoneXSMAXの比較画像をあげておきます。

右がiPhone11のサイズ,真ん中がiPhone11Proのサイズ,左がiPhone11ProMaxのサイズと覚えておけばよいです!

ちなみにスペシャル発表会ではiPhone11用にこのムービーが流れました。

iPhone11Pro/iPhone11ProMax

これらはそれぞれiPhoneXSとiPhoneXSMAXの後継機です。

ホームボタンはありません(個人的にはもうホームボタンがあると邪魔です)。

基本的な性能は同じですのでまとめて書いていきます。
ちなみにiPhone11ProとiPhone11ProMAXの違いは大きさと認識しておけば問題ないです。

iPhone11Proの大きな特徴は3眼レンズです。

林檎
林檎
3つもいらんだろ。デジカメだって1つしかレンズついていないだろう。

あなたの目は2つついていますよね?

要するにレンズが増えればそれだけ正確な情報を取得できるというわけなんです。
それぞれのカメラの性能についてAppleさんの公式から引用していきます。

まずは1つ目

このレンズはめちゃくちゃ広い場面を写すことができるレンズです。

次はこちら。

こちらは普通の広角レンズです。一般的なレンズと思っておけばいいでしょう。

そして最後が望遠レンズです。
こちらは遠いところを撮るためのカメラです。

林檎
林檎
ちゃんと役割があるんだな。

この3つのカメラは1枚の写真をとるときにすべて動いていてそれをiPhone11Proの頭脳で合成して1枚の写真にするという感じです。

かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
だから綺麗な写真がとれるわけだ!

その他のiPhoneXSからの進化点はこんな感じ。

  1. 広角に写真をとれるようになった。つまり「おーい。右の人入ってないよー。」がなくなった。
  2. ナイトモードが搭載された。つまり暗いところでもきれいな写真がバリキレイにとれるようになった。
  3. ポートレートモードが強化された。つまりボケ写真がうさらにまくとれるようになった。
  4. バッテリー駆動時間が5時間伸びた。つまりひょっとしたら充電が2日に1回でいいかも?
  5. 防水防塵の強化。つまりコーヒーの中にぶち込んでも大丈夫。
  6. FaceIDの強化。つまり机にiPhone11を置いたままで覗き込まなくても顔認証してくれる。

かなりiPhone11に似ていますがそれぞれレベルが高いレベルで能力が向上していると思ってくれればいいです。

例えばポートレートは,背景と人物切り抜きがうますぎてこんなことも可能になります。

こんな風にカメラとiPhone11の能力を使えば切り抜きも自由自在だということでしょう。それくらいカメラの性能も高いということが言えるわけですね。

ちなみにカメラは背面3眼とフロントカメラの4つついているわけですがそれぞれのレンズでそれぞれの映像を撮影するという神業もこなせます。

つまり4つの映像を同時に撮影することができるというわけです。

この機能はYoutuberや動画撮影が趣味の人には喉から手が出るほど欲しいからもしれないですね(笑)

林檎
林檎
それはすごい。

つまるところiPhone11Proは非常にカメラの性能が高くてもはやただのカメラではなくてAppleのカメラというレベルまで達しているといえそうです。
iPhoneはカメラで実際に取った映像をiPhone内部のチップで補正を加えて見た目より美しく写すことができますのでもはや人間の目を完全に超えたといってもいいと思います。

よくカメラが進化しただけという風に言われますが写真をキレイにするためには処理も必要です。つまり写真がキレイにとれるということは中身も相当グレードアップしているということが言えるわけです。

色はちなみに4色展開です。

グリーンが新色なのでそれを購入しようか検討中です。

iPhone11は全体的にカメラ性能が劇的に向上したし,それに伴って中身の能力も大幅に向上してより精密で複雑な処理が簡単にできるようになったと覚えておけばいいでしょう。下手すれば一眼レフよりも綺麗な写真が撮れます。

下にiPhone11Proの導入ムービー貼っておきます!

10.2インチiPadについて

えー。

よく聞いてください。

今回でiPad10.2インチは2018年に発売されたiPadと違いはほとんどありません。

違いはたった2つです!

  1. ディスプレイの大きさが9.7インチ→10.2インチになった。つまり若干全体的に大きくなった(本体もすこし大きくなりました)。
  2. スマートキーボードに対応した。つまり電池不要でキーボードがつけられるようになった。

今回発売されたのはいわゆるiPad(無印)Seriesです。

ProやAirという名前がついていないので廉価版(お手頃)のiPadということになります。
値段も4万を切る価格でかなり安く設定されています(それでも高い)。

スマートコネクターはAppleの独自規格で専用のキーボードをiPadにはめるとキーボードは充電不要でiPadの電力を使ってキーボードを使えるようになるというコネクタです。

これを使うとよりiPadがパソコンらしく使えるようになるわけです。

安くiPadを手に入れたい人にはよりオススメの機種ということが言えますね。

当然Apple Pencil(第一世代)にも対応しています。

Apple PencilApple Pencil(第一世代)

新しくiPadは安いiPadでコスパが良い廉価版で少し普通のiPadよりも画面が大きくなったモデルと言う風に覚えておけばいいでしょう。

Apple Watch Series 5について

Apple Watch Series 5はついにスマートウォッチとして完成形を見せられた感じです。

理由はこれ。

常時文字盤点灯。

時計では当たり前ですよね。
時間が見られない時計なんて時計ではありません。Apple Watchは腕を持ち上げたときのみディスプレイが明るくなって時間が確認できる代物でした。

逆に腕を持ち上げなければ時間が確認できなかったんです。

例えば私はいまこの瞬間キーボードを両手で叩きまくってますけどApple Watchの画面は真っ黒のままで時間は確認できません。
確認するためには一度腕をおろして挙げなければなりません。

しかし今回のApple Watch Series 5では画面が常時点灯になりました。つまりいつどこでもどんな体制でも時間を確認できるということです。

スマートウォッチが唯一アナログの時計に負けていた点がついにApple Watch Series 5によってカバーされた感じです。

かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
それでいて充電ももつ!

常時画面を点灯させるとなると充電のもちが心配になります。
しかしApple Watch Series 5は常時文字盤点灯していても18時間充電がもつというのです。

本当にスマートウォッチが腕時計としてスタンダートになる日が近づいていますね(笑)

逆に言えば現在Apple Watch Series 4をもっている人にとってはそれぐらいしか変化がないのでApple Watch Series 4を持っている人にとっては残念な感じかもしれません。

Apple Watch Series 5は文字盤常時点灯で完璧な時計にまた一歩近づいた。Apple Watch Series 4からの変更点はそれぐらいなので買い替えは慎重に。

ちなみに今回Apple Watch Series 5ではチタニウムとセラミック素材のものも登場しましたので金属の質にこだわりがある人には楽しみですね(値段は倍になるけど)。

AppleAcade

これは簡単に言うとゲーム市場にAppleが本格参入するということです。

あのゲーム会社CAPCOMと手を組んで月額料金でゲームをプレイできるという仕組みです。

イメージで言えば定額動画見放題サービスのゲーム版と捉えていただければいいでしょう。

こちらはまだ具体的にどうのようなゲームが出てどのようにプレーできるのかがわかりませんので実装されてから評価されるという感じでしょう。

Apple TV+

こちらは完全に動画見放題サービスです。

いわゆるNetflixとか,Huluとかと同じです。

Appleのことですから質の高いサービスを美しい画質で我々のテレビに届けてくれるでしょう。

こちらは11月から配信開始なのでラインナップ等が出揃いましたら追って記事を書いていこうと思います。

【まとめ】2019年9月Appleのイベントで発表されたものについて解説!のまとめ

というわけで2019年9月Appleのイベントで発表されたものについてまとめてきました。

個人的に一番興奮したのはiPhone11Proのムービーですね。

なんにしてもワクワクさせてくれます。
今回も財布ポイントを使ってiPhone11を購入することになりそうです。

また手に入り次第レビューをしていきますね。

今回もお読みいただいてありがとうございました。

全部見たい人はこちら!

簡単にまとまった動画を見たい人はこちら!

Amazonで買い物する人全員必見!

Amazon ギフト券

Amazonにはギフト券という制度がありその制度を利用することで最大21%の還元を受け取れます!

あなたも高還元されちゃいましょう!

AmazonPrimeは絶対得!その理由は?

Prime会員私はAmazonPrimeに5年以上継続で入っています。その理由はコスパです。

AmazonPrimeはその他の有料会員サービスに比べて明らかに秀でています!
詳しくは上の画像をクリック!

最新の記事はこちら!