スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
金融

初めてのクレジットカード。楽天カード(MasterCard)一択!その理由を解説します!

時間効率を上げたい。

私は,常にそんな思いを持っています。

物を買うときも同じです。できるだけ,早く支払いをすませたい。そう思います。小銭をじゃらじゃら。札をパタパタ。現金で払うことは時間の無駄です。

クレジットカードを使ってみよう!そう思ったあなたに立ちふさがる壁。

種類が多すぎて何が何だかさっぱりわからん。

今回は,現金しか使ったことのないあなたに初めてでも安心して使えるクレジットカードについて紹介したいと思います。

結論:楽天カード一択

楽天カード1

結論から言うと楽天カード一択です。

その理由は以下の通り。

  1. 当然年会費無料
  2. ポイント還元率が素晴らしい
  3. 審査が通りやすい
  4. 入会だけでポイントがもらえる
  5. 送られてくるのが早い
  6. ApplePayに対応している
  7. MasterCardが選べる

ひとつずつ説明をしていきます。

当然年会無料

お金

これは当たり前の条件です。初めてクレジットカードをもつのに,年会費を払うのはありえません。

楽天カードは永年で無料です。

安心して使わないという選択肢がとれます。契約はしたものの気に入らなかった場合そのまま放置して墓場までもっていってもお金は一切かかりません。

ポイント還元率が素晴らしい

ポイントいっぱい

クレジットカードを使っている人と使っていない人の差は,クレジットカードのポイントを享受しているかしていないかです。

楽天カードの還元率は最低で1%です

楽天カードで支払いを行っている人は,最低でもすべての支払いが1%引きになっています。私の年間支出が200万円だとすると,楽天カードをつかっている場合と使っていない場合で2万の差が出るわけです。

楽天カードの還元率は1%を超えてくる

実は,年会費無料のカードの多くは,還元率1%以下です。

そんな中楽天カードは状況によって余裕で1%を超えてきます。以下の画像をご覧ください。

楽天ポイント

楽天で買い物をするときは,最大8%ポイント付きます。しかも3月1日からは最大11倍になるそうです。
楽天では,さまざまな商品を取り扱っているため,楽天で買う癖をつければものすごい還元率を享受できます。

実際に私の友達は,普段から7%分ポイントがついていました。Amazonポイントがかすんで見えます。

Amazonをよく使う?

Amazon

俺はAmazon派なんだよね。

気持ちはわかりますが,Amazonの還元率は,プライム会員になっても最大で2%です。楽天の8%に遠く及びません。

商品を買うときに楽天を探し,無ければAmazonで買うという選択肢をとればよいのです。
Amazonで楽天カードを使ったとしても,当然1%のポイントは受け取ることができます。

(私は,Amazonカードと楽天カードを使い分けています)

入会だけでポイントがもらえる

入会

未だに私は理解できませんが,楽天カードを作り,それを楽天市場で使えば無条件に5000ポイントもらえます。
そんなサービスほかのクレジットカード会社はやっていません。

5000円貰えるのと同じです

還元率が1%だとしたら50万使った分のポイントが最初からもらえるわけです。クレジットカードを使ってみればわかりますが,これがいかにクレイジーなことかよくわかります。

審査が通りやすい

クレジットカードを作る際には,会社があなたを審査します。
あなたが信用にたる人物であれば,クレジットカードを発行するわけです。

楽天カードは子の審査が非常に通りやすいです。学生さんでも,パートさんでも,個人事業主でも簡単に審査が通ります。

ちょっと前に2chで職業スナイパーでも審査に通ったと話題になりました(笑)学生さんにとってはありがたいことだと思います。

送られてくるのが早い

送られてくる

楽天カードは,申し込みをしてから楽天さんがカードを発送してから手元に届くまでが以上に速いです。私が申し込みを行った際には,5日後に届きました。

Amazonのときは、一週間以上かかりましたので,明らかに楽天さんのほうがはやいですね。早いのは,安心できますし,ありがたいことです。

ApplePayに対応している

もはや楽天カードは,カードを持ち運ぶ必要がなく,iPhoneにカードを入れることが可能です。具体的に言うと,iPhone7,AppleWatchSeries2からは,ApplePay利用することが可能です。

会計の際にiPhoneをかざせば,それで会計が済んでしまいます。最初は,カードで使うかもしれませんが,効率化を目指すといずれ財布を持たなくなりますよ。

MasterCard選択できる

mastercard

楽天カードは,カードの種類の選択で,MasterCardを選択できます。

クレジットカードを作るときにカードをどこの支払い会社と契約するかを選択できます。

例えば,楽天カードの場合,JCBとVISAとMasterCardの三つからカードの種類を選択できます。

JCBとVISAとMasterCard?

JCBとVISAとMasterCardの違いを簡単に説明すると,カードを使える店舗が違います。

JCBは,日本で生まれました。そのため,日本では一番多くの店舗で利用することができます。
ただし,海外では使えるお店が圧倒的に少ないというデメリットがあります。

逆にVISAとMasterCardは世界で使うことができます。しかしVISAカードには,アプリ等のネットワーク上での決済に対応していないというデメリットがあります。

以上のことを考えると,MasterCardを使っておけば困らないということが言えます。

もちろんJCBのほうが使える店舗は多いですが,私の経験上MasterCardで支払えなかった経験はありません。
現在では,決済できる店舗の数は,そう変わらないのかもしれません。

まとめ

今回は,はじめてクレジットカードを使うというあなたにオススメのクレジットカードが楽天カードであるということを解説しました。

多くのブログでは,いろいろなカードが書いてありすぎて迷うと思います。とりあえず作っておいてリスクがない楽天カードを私はダントツでオススメします。
むしろ,5000ポイントもらえるので作ったほうがメリットがありますね。

ちなみに当然私もつかっていますよー。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

楽天カード作成はこちらからです。