スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
周辺デバイス

え。知らないの?WiMAXのギガ放題を契約するにあたって,必ず知っておくべき知識

UQWiMAX

この記事にWiMAXのギガ放題を契約する前に訪れたあなたはとても幸運です。多くの方がWiMAXのギガ放題やそもそもWiMAXのことをよくわからず,とりあえず外でインターネットを接続したいという欲求から適当な会社(以下プロバイダ)やとりあえずブログで紹介されている安そうなプロバイダと契約している現状があります。

今回は,WiMAXを契約するにあたって必ず知っておかなくてはいけない知識を解説します。よくわからないものをよくわからない状態で,契約するのは恐ろしすぎますよね。そうならないためにこの記事を書きました。今日も最後もまでお付き合い頂けると幸いです。

ちなみに,WiMAXのギガ放題について各プロバイダについての特徴を今後の記事でまとめていこうと思っています。ちなみに私は,UQさんのWiMAXでギガ放題を2年間固定回線の代わりに使い続けている者です。

UQさんのWiMAXのレビューはこちら。

[st-card id=816]

そもそもWiMAXとは

意外と知らない人がいるので解説します。知らないとよくわからないものと契約することになりますから。知っているあなたは,サラサラーっと読み飛ばしてください。

WiMAXは,簡単に言うと,モバイルWi-Fiルーターの種類のことです。モバイルWi-Fiルーターとは,持ち運びできるWi-Fiのもとということです。モバイルWi-Fiルーターに携帯やパソコンなどを接続するとインターネットを使用することができます。

よく勘違いされるのは,「ポケットWi-Fi」という言葉です。ポケットWi-Fiとは,ワイモバイルさんが提供しているモバイルWi-Fiルーターの名称です。つまり,電気屋さんで,「ポケットWi-Fiが欲しいんですけど」なんていうと「ワイモバイルさんと契約したいんですけど」と言っているのと同じです。他のブログを拝見してもその辺すらもよくわかっていない人ブログを書いています。

ちなみに,WiMAXとポケットWi-Fiなどの比較については,本記事では扱いません。別の記事で解説をしようと思います。

本当は,WiMAXは通信技術の規格だよ!何言っているんだよ!という方にはすみません。そこまで解説する価値がないと判断しました。

ギガ放題とは

ギガ放題とは,「月にいくら使っても通信制限がかかりませんよ。」というものです。通信制限とは,高速通信ができなくなることです。

通信制限がかからないということは今の時代では,とんでもないことです。携帯電話のことを思い出してみてください。携帯電話は,7ギガで多くの場合通信制限がかかります。月額料金を最安にしようとすると,おそらく3ギガほどで通信制限になってしまうのではないでしょうか。ちなみに1ギガは,Youtubeの動画を高画質でだいたい一時間半見たときの通信量です。

3日で10ギガの通信制限

ギガ放題だから一切通信制限がないのかというと,そうではありません。3日で10ギガの通信制限が一応あります。簡単に言うと3日間のうち15時間Youtubeを見てしまうと,通信制限がかかるということです。以下の図をご覧ください。

UQ引用:http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/gigahodai_speedlimit_10/

以上のように通信制限がかかるわけです。当日を含めた過去三日間の累積の通信料が10ギガを超えると,次の日の夕方から朝方にかけて通信制限がかかります。

もう少し具体的に書いてみます。

1月1日の0時から1月3日の24時にかけて,11ギガ使ったとします。すると,1月4日の18時から1月5日の2時まで通信制限がかかります。

もっともっと細かく書いてみます。

1月1日(2ギガ)+1月2日(3ギガ)+1月3日(7ギガ)=12ギガ使ったとします。そうすると上記の例と同じように1月4日の18時から1月5日の2時まで通信制限がかかります。この後の使用例を書いてみますね。ちょっと複雑になりますけど,ついてきてください。

その後,さらに1月4日に2ギガ使うとします。

そうすると,1月2日(3ギガ)+1月3日(7ギガ)+1月4日(2ギガ)=12ギガなので,1月4日の18時から1月5日の2時まで通信制限がかかります。

1月5日我慢して通信を控えたとします。

すると,1月3日(7ギガ)+1月4日(2ギガ)+1月5日(0ギガ)=9ギガなので,1月6日に通信制限はかからなくなるわけです。

過去三日間の累計で次の日の通信制限が決まるので,一日に10ギガ使ってしまうと,三日間連続で通信制限をくらうということです。

一日に大量の通信は控えなくてはならないということです。

通信速度はどうか

ここで気になってくるのが通信速度です。この記事を書いている時点(土曜日)で私がもっているUQのWiMAXで実際に速度を測定してみました。ちなみに計測した場所は,5階建てビルの一階で,窓際よりも少し奥にある部屋です。画像を掲載しておきます。時間もばっちり載っています。14:25です。速度比較

アップロードは一般の人は使わない(メールを送信するときぐらい)ので置いといて,ダウンロードで32.14Mbps出ています。

結論から言うと多くの人にとっては十分すぎる速度が出ています。HD画質で映画がサクサク見れるレベルです。

そもそもMbpsとはどういう単位なのかというとMegaBitPerSecond(メガビットパーセカンド)の略です。MegaBitPerSecond(メガビットパーセカンド)とは,一秒間に,通信できるメガビットということです。よくある間違いは,メガ「バイト」パーセカンドです。バイトの場合はMBpsと表記されています。ちなみに1ビットとは,0.125メガバイトのことです。これは,電子機器がとても好きな人でもよく勘違いしているので気を付けてください。間違えるとけっこうはずかしいです。ぱっと検索したブログでも結構間違えてました。(笑)

つまり,32.14Mbps≒4MBpsです。一秒間に4MBのデータがダウンロードできるということです。4MBとは,大体楽曲の一曲あたりのデータ量と同じです。Youtubeの動画で言うと,標準画質で見た場合1分の動画の容量と同じです。一秒で一分間動画を読み込めてしまうということです。

気づかれたと思われますが,相当早いスピードが出ています。しかも,土曜日ですので,平日のお昼はもっと早いはずです。

この速度ならインターネットを観覧するなんてサクサクですし,HDの動画ですらサクサクです。ちなみに今回示した値は,あくまでも参考です。ほかのブログにもどこどこで何時に接続したという風に速度が書いてある記事がありますので,それも参考にしてください。

山間部でなければ,これぐらいの速度を普通に出ると思いますけど。逆に言えば,あなたの使う環境とほかの人の環境が違いますので,すべてが参考にならないと言えばその通りになります。

ちなみにこちらのアプリで計測しましたので,一度あなたのスマホの通信速度を計測してみてください。

Speedtest.net
Speedtest.net
開発元:Ookla
無料
posted with アプリーチ

プロバイダによって通信速度は異なるのか

プロバイダによって速度は異なるのかという質問がよくありますので,ここで回答をしておきます。通信速度はどのプロバイダで契約しても同じとも言えますし,違うとも言えます。中途半端な回答でごめんなさい。

基本的な通信速度は,どのプロバイダと契約しても同じです。しかし,そのプロバイダを使っている人数が増えれば増えるほど遅くなってしまいます。イメージとしては,3車線ある道を想像してください。各プロバイダはこの車線を独自にもっています。例えば,BiglobeさんのWiMAXのギガ放題を使っている人が大量に集まったとします。3車線しかないのに,1万台の車がそこに合流しようとします。渋滞しますよね。通信でも同じです。

どこの回線が空いているかという話になりますが,結構どこも空いています。(笑)

お客さんが全然いないというわけではなくて企業が努力して,車線を増やしているんです。つまり,どこのプロバイダさんと契約してもある程度の通信速度は,出るということですね。具体的に言うと,HD画質の動画を一切止まらずに見ることができる程度には,どのプロバイダで契約をしても余裕で出ます。つまり,通信速度はに関して心配無用ということです。

電波はよく入るのか

電波は,携帯に比べればはいりませんが一般的な使用ならほとんど問題ないと思います。例えば,喫茶店で圏外になるようなことはまずありません。トイレに持っていくと圏外になりますが(笑)

そもそもWiMAXは,WiMAX特有の電波を使っています。そのため,電波は弱いけれども,通信速度が早いという特徴があります。残念ながら電波も強くて通信速度が早いという電波はありませんので,どちらにせよ外出先でネットをつなぎたければ,WiMAXという選択になると私は思いますし,それ以外の選択肢がないように思えます。

ちなみに,WiMAXのギガ放題には,ハイスピードプラスモードエリア機能といって4G/LTEの電波を受信することができます。そのため,弱点である電波が弱いということはほぼ克服しつつあります。しかしプロバイダによって使用料金がかかるか異なります。その辺も含めて,後の記事では,それぞれのプロバイダについて書かせていただきます。

速度制限がかかった時の速度はどうか

通常時は早いのは,よくわかりましたよね。でも,上記に書いたような3日間使いすぎたとして,速度制限中にどれくらいの速度がでるのか気になります。

1Mbppsになってしまいます。

つまり一秒間に,0.125メガバイトしか読み込めません。「さっきの値の1/30じゃん。やっぱり使えないんだね。」という声が聞こえてきそうです。少し冷静に考えてみましょう。

この速度だと一分間で7.5メガバイトしか読み込めません。Youtubeの標準画質だと,1分で4メガです。つまり,ぎりぎり視聴することができる速度ということです。

え?

そうです。通信制限かかってもYoutubeが視聴できる速度だということです。ただし,多くの方の接続が偏る夜などは,ときどき止まるくらいの速度になります。実際に測ったわけではないですが,私の2年WiMAX生活で,それを何度も体験しました。

実際に契約するときに悩むこととは

苦悩

通信制限や通信速度についてはご理解いただけたと思います。では,実際にWiMAXを契約しようとしたときに,あることに悩むことになります。

それは,どの会社(以下プロバイダ)と契約したらよいのかということです。プロバイダとは,WiMAXを販売している会社のことです。

え?WiMAXってUQさんのものじゃないの?

そうですが違います。WiMAXは,UQコミュニーケーションズという会社が主に販売をしていますが,それ以外にWiMAXを販売している業者がいくつもあります。So-netさんやBiglobeさんがそうです。これは,格安SIMと全く一緒の仕組みですが,WiMAXを販売しているUQさんが,So-netさんやBiglobeさんにWiMAXを販売する権利を貸しているんです。

いわゆるMVNOですね。MVNOについて軽く解説しておくと,MobileVirtualNetworkOperatorの頭文字をとったものです。日本語に訳すと仮想移動通信事業者です。怪しい感じぷんぷんです。無線回線設備は持っていないけど,WiMAXや携帯電話のSIMを販売する業者です。詳しくは,格安SIMの解説をするときにしますね。

そのMVNOが結構いっぱいあるんです。そうすると,どこのプロバイダさんで契約したらよいの!?になるわけです

次の記事からは,それぞれのプロバイダのWiMAXのギガ放題の特徴について解説をしていきます。

まとめ

次回の記事は,プロバイダについて記載していこうと思います。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

よろしければこちらもどうぞ。

[st-card id=816]

WiMAXギガ放題についての総合まとめ記事はこちらです。

[st-card id=998]