iPhone

iPhone11ProMaxには絶対に傷をつけたくない人のための記事。

iPhone11ProMax 防御
林檎
林檎
高かった。iPhone11ProMax・・・
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
おー。奮発したねー。当然フィルムとケースはもう購入したよね?
林檎
林檎
え・・・。まだ。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
それならこの記事を参考に選んでくれい!

というわけで新色ミッドナイトグリーンに惚れている私(@kabotyanman512)です。

iPhone11ProMaxは名前があまりにも長いですよね。
私も最初はそう思っていましたが慣れてくるとそうでもないですね(笑)

今回はiPhone11ProMaxを絶対に傷をつけないために必要なケースとフィルムについてケースフィルムマニアである私がオススメをまとめた記事になっています!

この記事を読めばきっとあなたにあうケースやフィルムが見つかるはずですよ!

iPhone8のケースとフィルム上で大事にしたいポイント

林檎
林檎
ケースとフィルムは何を基準に選んだらいいの?ちなみに俺はやっぱりデザインで選んでいるよ。

それは否です。
絶対に否。

例えばデザイン重視で電気量販店で私もケースやフィルムを購入したことはありますがそれはそれはひどいものでした。

一見まとものように見えるものでも時間が経つにつれてボロがどんどん出てくるんですね。

特にフィルムなんて顕著です。具体的にはフィルムと画面の間にホコリが大量に入ります(笑)

ケースを選ぶときの要素

ケースで私が重要だと持っている要素を重要度順に並べるとこんな感じ。

ケースを選ぶ上で大事なポイント
  1. iPhone11ProMaxを落としても割れないか
  2. iPhone11ProMaxを活かすデザインか
  3. 機能を+αできるか

やっぱり一番大事なのはiPhone11ProMaxを落とした時に画面が割れないかどうかだと思うんですよね。(笑)

iPhone11ProMaxは画面が割れた時のダメージめちゃくちゃでかいですからね。(笑)有機ELの修理価格は¥30000を軽く超えますからね・・・

というわけで上記のポイントでオススメケースを選択してみました。

フィルムを選ぶときの要素

同様にフィルムを選ぶときに重要だと思っている要素を挙げてみます。

フィルムを選ぶ上で大事なポイント
  1. iPhone11ProMaxを落としても割れないか
  2. コスパはいいか
  3. iPhone11ProMaxの画面よりも少し小さい形になっていること

1つ目はやっぱり割れないかですね(笑

2つ目のコスパに関しては何枚入で1枚あたりいくらなのかという話です。
正直ガラスフィルムはいくら固くてもちょっとしたことで割れる可能性をもっています。割れる前提で考えておくと張替えがすぐにできてiPhone11ProMaxを守ることができます。

意外と大事なのは3つ目です。

iPhone11ProMaxとほとんど同じ大きさだとiPhone11ProMaxの側面の曲線とかぶってフィルムが浮いてきちゃうんです。

上記のような基準でiPhone11ProMaxのケースやフィルムを選んでいきます(硬さ9H以上,大きさは小さめのものを選んでいますので勝手に1と3の基準はクリアしてます)!

iPhone11ProMaxにオススメするケース紹介!

林檎
林檎
さあ!上であげた条件にあげたiPhone11ProMaxにオススメのケースをまとめてくおくれ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
おっけー!

というわけでオススメのケースを紹介していきますよ!

iPhone11ProMaxにオススメするケース①:Spigen クリアケース

林檎
林檎
やっぱこれだねー。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
やっぱりSpigenなんだねー。

スマホケースを大量変えてきた私がスマホケースの中で一番防御力が高いと思っているのがSpigenが作っているものです。

Spigenさんのケースを使う前まではiPhoneの画面を割ることがありましたがSpigenさんのケースに変えてからiPhoneの画面を一度も割ったことがありません。

もちろん何度も落としていますが。

ちゃんとそれには理由があります。

こんな感じで角にクッションがはいっているんです。

基本スマホが地面に落ちるときは角からですよね?Spigenさんはそれを考慮して角にクッションを配置して落下時の衝撃を分散するように作ってあるんですよ。

これのおかげで画面が本当に割れません。

当然無線充電にも対応していますのでケースを付けたままでも充電することが可能です。

クリアケースが嫌なあなたには今感じでマットなケースも容易されていますのでそちらもおすすめです。

iPhone11ProMaxにオススメするケース①:Spigen 手帳型

林檎
林檎
俺は手帳型がいいんだよね。そのほうが画面も守れるし。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
って人にもSpigenがオススメよー!

これ。めちゃくちゃ優秀なケースです。

手帳型ケースを使ったことがある人ならわかると思うのですがカードを入れるところがだんだんゆるくなってきてしまうんですよね。

すると大事なクレジットカードがどこかに行ってしまうという事故が発生します。

そのポケットゆるゆる事件を解決する方法はカードが横入れの物を購入するしかありません。
しかし横入れのものってなかなかないんですよ。

このSpigenさんの手帳ケースは横入れもできるようになってるんです。

ちなみに私はここに免許証をいれています!

安心して入れておけますよ!
もちろん防御力も高いので気を抜いてiPhone11ProMaxを落としてしまっても安心です(笑)

ケースに関しては特にオススメのもののみ紹介しました。

もしも気に入らなければこちらにもまとめてありますので御覧くださいね!

iPhone11ProMax
iPhone11ProMaxのために作られし聖なるオススメケース5選 どうもiPhoneのケースを変えすぎてまさかAppBankに勤めているの?なんて言われてしまう私(@ka...

iPhone11ProMaxにオススメするフィルム紹介!

林檎
林檎
ケースはSpigenの手帳に決めたぜ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
それなら次はフィルムだね!

ってことでフィルムをまとめていきますよ!

iPhone11ProMaxにオススメするフィルム①:Spigen ガラスフィルム

林檎
林檎
またSpigenかよ!
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
いいものは仕方ない!ただSpigenさんの回し者じゃないからね!

とにかくこのSpigenさんのフィルムは張りやすいです!

絶対に猿でも貼れますってレベルです。

うちの奥さんでも貼れたんですから絶対に貼れます(うちの奥さんは人生で初めてうまく貼れたフィルムはSpigenさんでした。なおそれからSpigenさんのフィルムしか購入していない模様)。

ガイド枠がついていることもそうなんですけど一番はその吸着力でしょう。

フィルムを乗せた瞬間から画面とフィルムが一体化するように吸着をはじめます。
当然気泡が入りません。

内容物も充実していますのでオススメです。
2枚入っているのでコスパも高いですから安心ですね!

iPhone11ProMaxにオススメするフィルム②:OAproda ガラスフィルム

OAprodaさんはぶっちゃけて言うと私が完全にひいきしているフィルムです。

理由は簡単です。

フィルムとしての質がぶっちぎりで他のスマホと比べて高いからです。

まずフィルム自体が非常に薄いです。

そしてそれゆえに吸着感が半端じゃないです。
付けているのか付けていないのか触り心地では判断できないレベルです。

iPhone11ProMaxの画面とフィルムの間が非常になめらかで貼った時に感動しますよ!

ちなみにこちらのOAprodaさんのフィルムはSpigenさんのフィルムと違い全面を保護してれるのも大きな魅力です。

ほかにもオススメのフィルムがありますがフィルム専用の記事にまとめましたので参考にしてくださいね!

iPhone11Pro max
iPhone11ProMaxにオススメする厳選フィルム4枚。 どうもiPhone11Proの三眼レンズに完全に魅せられている私(@kabotyanman512...

iPhone11ProMaxには絶対に傷をつけたくない人のための記事。のまとめ

というわけでiPhone11ProMaxとケースとフィルムについてまとめてきました。

iPhone11ProMaxは相当高価なために絶対に傷をつけないように使いましょうね!

もし売るときが来ても傷が少なければ高値で買い取ってもらえますからね!

林檎
林檎
俺はSpigenのクリアケースとOAprodaのフィルムに決めたよ。
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
まさに王道のパターンだね。

今回もお読みいただいてありがとうございました。

こちらもどうぞ!

Amazonで買い物する人全員必見!

Amazon ギフト券

Amazonにはギフト券という制度がありその制度を利用することで最大21%の還元を受け取れます!

あなたも高還元されちゃいましょう!

AmazonPrimeは絶対得!その理由は?

Prime会員私はAmazonPrimeに5年以上継続で入っています。その理由はコスパです。

AmazonPrimeはその他の有料会員サービスに比べて明らかに秀でています!
詳しくは上の画像をクリック!

最新の記事はこちら!