スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
iPad

iPadオススメキーボード論争を始めて5年。結論出たよ。

林檎
林檎
iPadのキーボード論争の結論が出たんだって?

そうなんですよ。
iPadのキーボードにどれを選んだら良いのかということが私史上最大の問題でした。

つい最近その結論が出ましたので,iPad歴7年の私(@kabotyanman512)が解説していきますね。

iPadProやiPad(無印)等すべてのiPadを実際に使ってみての結論です。
よって,どのiPadを持っている人にとっても参考になるかと思います。

結論:選ばれたのはHHKBでした

林檎
林檎
えいち・えいひ・けー・びー?

はい。知らない人ははじめまして。

Happy Hacking KeyBoardの略ですね。
これです。

HHKB Professoional BT

中身は,こんな感じです。

電池駆動

実際の使用シーンとしては,こうですね。

横から見ると,こんな感じです。

Bluetoothで接続されているので,当然コード等は,一本も必要ありませんね。

なぜHHKBなのか

なぜiPadにHHKBがいいのか。
その理由は,以下の3点に集約されます。

  1. iPadを変えてもキーボードを変えなくてもいい。
  2. 圧倒的打鍵感
  3. 耐久力

一つずつ解説していきますね。

iPadを変えてもキーボードを変えなくてもいい。

これが一番大きい理由です

現在,iPadを所有していて,iPadのキーボードを購入するか検討しているということは,iPadを相当ヘビーに使っている。
もしくは,使おうと思っている。つまりiPadを使いこなしているということだと思います。

そこでちょっと先のことを考えてみてほしいんですが,iPadを新しいものに変える可能性はありませんか?

例えば,私がiPadPro専用キーボード付きケースとして推していたSlimcomboを購入したとします。

こちらの製品ですね。

SlimCombo引用:https://www.amazon.co.jp/

2年後。あなたはiPadを変えることを考えました。

それは,つまりSlimComboを買い直さなくてはならないのです。
もっと言うと,新しいiPadが出てからSlimComboが発売されるまでかなり時間が掛かる可能性があります。

その間は,今まで使っていたキーボードが使えない状態で乗り切らなくてはなりません。
今まで使っていたものが使えないストレスは,意外と大きく精神的にダメージを負うはずです。

HHKBの場合は,iPadのサイズと対応していませんので,キーボードを購入する必要がないという事になります。
iPadを変えてもキーボードがそのままで良いのは,お財布にも指にも優しいはずです。
SlimComboなんて一万以上しますからね。

圧倒的打鍵感

HHKBは,私が触ったことのあるキーボードの中で最上質の打鍵感を誇ります。

ペタペタという感じではなく,カタカタと跳ね返りがある気持ちの良いタッチが特長です。

また,キーボードのキーに静電容量無接点方式を採用しており,しなやかな跳ね返りを再現しています。まるで,指がトランポリンを跳ねているようで,指への負担がほとんどありません。

実際Twitterでも

結構つぶやかれていますね。

耐久力

私は,このブログを運営しておりますので,その辺の一般サラリーマンよりは,たくさんをキーを打っています。

仕事場のキーボードはHHKBより圧倒的に少ない打鍵量なのにも関わらず,「A」が反応しなくなってしまいました。さらに,各キーの跳ね返りに差ができてしまいました。

跳ね返りに差があるというのは意外とストレスで,指先に違和感が残るんですね。

それに比べてHHKBは一切不具合がありません。
本当に安定しています。

やはり高いだけあって,耐久性は超一流ですね。

HHKBには大きな大きな問題点が

これだけiPadには,HHKBが最適解だと書いてきましたがHHKBは,唯一といっていい弱点が存在します。

それこそが価格です。

正直めちゃめちゃ高いです。
ブログを運営していて,キーボードが主たるウェポンなのにも関わらずさすがに物怖じする値段でした。

二世代前のiPadが買えてしまうレベルの値段です。

林檎
林檎
キーボードのブンザイで!!!!!

いや,その分いいものだからね。

以下の記事でも書いていますが,値段分の価値は買った当初無いと思っていました。しかし,今は本当に買ってよかったと心底思っています。

HHKB Professoional BT
【レビュー】HHKB Professional BTを一年間使ってみた感想。 使いづらい。まじで三万とか高すぎんだろ。 これが私のファーストインプレッションでした。 言葉は悪いですが,キーボード...

打鍵数が増えれば増えるほど,そのありがたみが身にしみてきます。

林檎
林檎
俺には,そんなに金だせねぇよ・・・

そうですよね。確かにHHKBは高すぎます

そんなあなたには,もう少し安価なiPadにオススメのキーボードを紹介します。

Apple Magic Keyboard

引用:https://www.amazon.co.jp/

やっぱこれだねー。Apple Magic Keyboard。

よく見逃しがちなんですけど,Apple Magic Keyboardもかなりいいキーボードです。

HHKBの3分の1ぐらいの値段ですが,HHKBとは,また違った良さがあります。
いわゆるペタペタ感がありますが,安物のペタペタ感ではなく,一つ一つのキーをしっかり押し込んでいる感があります。

どちらかというと軽くスマートなタッチです。

実際に私もMacで使っているんですけど,あまりにも汚いので,写真は控えます。

白なので,汚れが目立つのがたまに傷ですね。

一応黒いものありますが,これだとテンキーがついて,サイズ自体が大きくなってしまいます。

引用:https://www.amazon.co.jp/

それでも構わないあなたは,こちらをどうぞ。
正直黒のほうが圧倒的にかっこいいです。

Anker ウルトラスリム

引用:https://www.amazon.co.jp/

もっともーーーーーーっと安いのが,Ankerのウルトラスリムですね。

林檎
林檎
これ完全にMagic Keyboardのパク・・・・・

そこまでです!

値段は,本家の3分の1とかなり安くなっています。

あんまりお金を使いたくないあなたには,十分な性能ですので,こちらでお試しするのもいいかもしれません。

ぶっちゃけの話

ここで,私の立場を明確にしておきます。

そもそも私は,iPadにキーボードをつけることに反対派です。

理由は,iPadはタブレットであってタブレットPCでは無いからです。
今後iPadがパソコンに取って代わることはありません。

完全に別物です。
iPadを使い始めて7年くらい経ちましたが,その考え方はずっと変わりません。

iPadはあくまで出力する端末であって,何かを入力するデバイスではないんですね。

だからiPadのために買ったキーボードがホコリを被って,部屋の隅で蝕まれること可能性もあると思います。
しかし,私が紹介しているキーボードを購入すれば,iPad専用ではないため,他のパソコンに繋いで使うことができます。

そのため,無駄な買い物になる可能性が非常に低いのです。

そのへんも考慮して,自分にあったiPadのキーボードを選んでくれれば幸いです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は,私の五年間続いたiPadオススメキーボード論争の結論をひたすら書いてみました。

iPadのキーボードでどれを買うか迷っているあなたの一助になれば,これ以上嬉しいことはありまん。

今回もお読み頂いてありがとうございました。

こちらもどうぞ。

だからSurfaceとiPadProは比べられないって。それでも比較したい人へ。 どうしてもどうしてもSurfaceProとiPadProを比較したい人がいます。 そんな私も絶対に比較して便利な方を購入し...
iPhoneのキーボード設定は時間の源。もっと早く知っておけば…どうも時間短縮マニアの私(@kabotyanman512)です。 ある日私の友人から驚かれたことがあります。 ...