周辺デバイス

新しい家でインターネット接続までの期間が長すぎて引いた話

圏外どうもインターネットがないこと=水分補給できないことの私(@kabotyanman512)です。

訳あって半年前に新しい借家に引っ越ししました。

新しい家に引っ越して一番最初にやることはなんですか?

家具を整えること?

ダンボールから荷物を取り出すこと?

否。

当然インターネットの環境を揃えることです!

前に住んでいた家は,有線でインターネットに接続することができていました。
今回もさっさと有線でインターネットに繋いでやろうと思い立ちました。

今回は,そこから起きた一連の出来事について書いていこうと思います。

工事が必要・・・だと???

工事

今どき?て感じなんですが,そもそも有線でインターネットに接続するために工事が必要でした。

家電量販店に行ってみると

林檎
林檎
工事が必要なエリアですので,遅いと3ヶ月くらいかかってしまいますね。

はい。絶望です。

水分が取れない私は,もはや干からびるしか無いのです。

そんなこんや言っても仕方ないので,とりあえずあるプロバイダさんと契約することに。

この時点で即有線でネットに繋ぐことができないことがわかったので,相当気持ちが沈んでいました。

私が有線インターネットに接続をするまでにとった対策

Wi-Fi

落ち込んでいてもネット環境は向こうから歩いてこないので,こちらから迎えにいくしかないわけですね。

実は,この時点でWiMAXと契約をしていました。もともとは,外出先でパソコン作業するためのものでした。

そのため,それで耐えれるかと希望の光をつかもうと家で接続を試みました。
ちなみに家電量販店→絶望→WiMAXの接続確認まで半日です。

その結果。

表示された冷たい二文字。

圏外

ひどすぎます。田舎すぎて電波入らなかったんですね。
田舎は,物価や土地が安くていいですが,こういうときに困りますよね。

まさか一日もインターネットの崖の上から突き落とされるなんて。
まさに災難そのものでした。

絶望の淵から這い上がれ。

WIFI

だからって水分なしで私が生きていけるか。

そんなことは無理に決まっています。
だからこそ,次なる対策を考えました。

それが,これですね。
私が以前紹介した。電波を強くするための最終ウェポンです。

ポケットWi-Fiの電波を強くするたった一つの方法とは。 どうもポケットWi-Fiを家庭でのインターネット回線として使っている私です。 つまり,ポケットWi-Fiが私にとってはすべ...

しばらく手作りアンテナを使ってみると・・・

若干入る!

まさに点から蜘蛛の糸が垂れてきた人の気持ちや羅生門の屋根裏で女性の死体を見つけたおばあさんの気持ちが身にしみてわかりました(言い過ぎだし,絶対この二人の気持ちは違う)。

しかし,そんな喜びをつかの間。

電波が入ったり,入らなかったり。圧倒的に不安定。
やはり蜘蛛の糸は条件によっては,すぐに切れるし,相手が死人であろうと盗みを働くのはよくないですね(笑)

次なる対策を。

WiMAXでは,あまりにも不安なので,WiMAXを解約して,他のポケットWi-Fiに乗り換えることにしました。

そこで私の中で,重要になってくるのは,いずれ有線でインターネットを接続するためすぐに解約することができるという条件です。

そこで私が選択したのは,Fujiwifiです。

ちょっと前に瀬戸弘司さんが紹介したレンタルポケットWi-Fiです。

ぱっと申し込みをして,なんと3日後に届きました。

Fujiwifiは田舎界のメシア

WiMAXは,全く通用しない私の住んでいる田舎界。

本当にFujiwifiよ。いけるのか?

接続!

きたあああああああああああ。

はい。電波立ちました。

ありがたい。やっと水にありつけた。

ここまでの道のりは、果てしなく長い。
それすなわち砂漠をさまよう感覚に近い。
あるいてもあるいても茶色い砂。
遠くに見える地平線。
水は,どこか。
喉の渇きに痛みすら感じる。

突如現れた水面。それは私にとってまさにオアシス。

私にとってのオアシス。
それこそがFujiwifiだった。

ありがとうFujiwifi。感謝永遠に。

Fujiwifiの良さ

Fujiwifiの良さは,通信量を選択できることはもちろんですが,自由にいつでも解約できるところにあります。

多くのポケットWi-Fiは残念ながら,2年縛りや3年縛りがあります(最近は3年しばりが主流)。

しかも,その契約期間内に契約をしようとすると,諭吉一人分の解約料がかかります(私が一番嫌いなシステムです。お客さんの流動が少なくなり,市場原理が働きにくくなるため)。

それが,Fujiwifiには一切ありません。

つまり自由にタダで解約できるわけですね。

 

ただし,端末本体はレンタルなので,最終的には,返すことになります。

そんなレンタルというデメリットを差し引いても私にとって有線までのつなぎとしては,最強なポケットWi-Fiでした。

 

有線がやっとやってきた。

待たされすぎ

さて,そんなこんなでFujiwifiをずっと使っていました。首をながーくして,有線を待っていたわけですよ。

しかし結果的には首が伸びすぎて,危うくキリンになってしまうレベルで待たされました。

当初家電量販店のねーちゃんは,こんなことを言っていました。

林檎
林檎
工事が必要なエリアですので,遅いと3ヶ月くらいかかってしまいますね。

遅いと三ヶ月。

つまり,どれだけ遅くても三ヶ月って意味だと私は解釈しましたし,確認もしました。

結果。

 

 

 

 

半年待たされました。

 

一ヶ月ごとに丁寧に電話をくれて,もう少しかかるよ?って謝ってくれるので誠意は感じました。しかし,誠意=スピードというのが世間の常識。

 

まさに「同情するなら金をくれ。」的な「電話するなら作業しろ。」です。

結果的に家電量販店に行く→有線でインターネットに接続まで半年かかりました。

もし今から有線でインターネットを引こうとしているあなたは,半年かかる覚悟が必要かもしれません。

正直有線じゃなくてもよかったわ。

SoftbankAir

ここで正直な乾燥を書いておくと,正直有線じゃなくて,Softbankさんが出しているSoftbankAirでもよかったなと思っています。

SoftbankAirとは,Softbankさんが提供している固定Wi-Fiみたいなものですね。

電源に突き刺すことで使えますので,そちらを契約しておけばよかったと思います。

もういまさら遅いですが。

もしも転居を短いスパンでするのであれば,SoftbankAirがなおさら最適解かもしれません。

さまざまなキャンペーンをしていますので,一度公式HPで確認してみてくださいね。

まとめ

有線インターネットを接続するまでにまさか半年かかるとは思っても見ませんでした。

もしも,あなたやあなたの周りの方が,有線を引こうとしているのなら,半年かかる覚悟をしておいたほうが良さそうです。

それがどうしても嫌ならFujiwifiを契約して,応急処置をするか。

SoftbankAirを契約してしまって有線の代わりとした方がいいですね。

今回もお読みいただいてありがとうございました。

少しでも気になるあなたはこちらからどうぞ。

こちらもどうぞ。

【レビュー】最強のポケットWi-FiことFujiwifiが我が家に襲来。Fujiwifiが便利すぎて喜んでいる私です。何で早く購入したなかったのか。本当に後悔でいっぱいです。今回私が加入したのは,Fujiwi...