iPad

【超厳選】ApplePencil(第一世代)本当に必要なもの3選

Apple Pencil2019年3月に新しいiPadが発売されました。

それは,すべてのiPadがApple Pencilに対応した瞬間でした。

どうも,Apple Pencilerの私(@kabotyanman512)です。

冒頭でも書いた通り,現在発売されているすべてのiPadがApple Pencil対応になりました。しかし,そん中でこんな問題も孕んでいます。

それは,Apple Pencilに対応しているほとんどのiPadがApple Pencil(第一世代)にのみ対応しているという点です。

現在(2019年4月)で,AppleStoreに並んでいるiPadは,以下の4種類

  • iPadPro11インチ&12.9インチ
  • iPadAir10.5インチ
  • iPad9.7インチ
  • iPadmini7.9インチ

そのうちApple Pencil(第二世代)に対応しているのは,iPadPro11インチ&12.9インチだけです。

つまり残りの

  • iPadAir10.5インチ
  • iPad9.7インチ
  • iPadmini7.9インチ

は,Apple Pencil(第一世代)にしか対応していないということです。

そこで今回現在発売されていないiPadPro9.7インチとApple Pencil(第一世代)を使い倒していた私(現在は,第二世代を使用中)が,Apple Pencil(第一世代)に絶対に必要な3つのアクセサリーを紹介しようと思います。

Apple Pencil(第一世代)に必要なもの①:キャップと本体を繋ぐもの

Apple Pencil(第一世代)はオシャレなキャップがついております。

これですね。

Apple Pencil(第一世代)が帽子を外した姿がなんとも間抜けですね。

さて,このキャップと本体ですけれども,なにでくっついているかというと磁石です。
正直不意に外れしまうこともあります。

もっといえば,Apple Pencil(第一世代)を充電する際には,必ずキャップを外さなくては,いけないわけです。

ともやもすれば,どこかのタイミングで,このキャップが無くなってしまう可能性があるかも知れないのです。

これは,想像異常に由々しき事態です。
シャープペンのキャップ部分がなくなったときの使うモチベーションの下がり方を想像すれば,Apple Pencil(第一世代)のキャップを無くしたときの気持ちは,容易に理解できると思います。

ましては,1万円ほどするApple Pencil(第一世代)ですからその悲しみもひとしおです。

そんな事態を回避するために必要なものこそキャップと本体を繋ぐものなわけであります。

こちらです。

林檎
林檎
いやこれ・・・(笑)

なめるなよ!
笑うな!

本当にこれ,大事なんですよ。

装備した形がこんな感じ。

いや,ださいとか言わない。

これがあるとないとでは,キャップがなくなる確率が天と地ほど違いますからね。

ちなみに,なくすと1200円で購入できますが,高すぎる・・・・

いざなくすと,本当にテンション下がりますから,そんな風にならないためにも転ばぬ先の杖として,購入をおすすめしますよ。

ちなみに,このアクセサリーを装着すると,転がる問題も解決できますので,一石二鳥です。

ちなみにApple Pencil(第一世代)のキャップ紛失問題は,こちらも参考にしてみてくださいね。

キャップ
ApplePencilのキャップ(蓋)紛失問題について解決案を提供します。 まずはこちらのツイートをご覧ください。 ねぇapple pencilの蓋なくした。 なくしそうって思ってたけどまさかの一...

Apple Pencil(第一世代)に必要なもの②:充電スタンド

次に必要なものをは充電スタンドです。

Apple Pencil(第一世代)は,充電に非常に弱いです。

Apple Pencil(第二世代)は,この状態で充電できます。

しかし,Apple Pencil(第一世代)は,こんな避雷針状態で,充電することが多々あります(もちろんLightningケーブルで充電できますが,私の経験上あまりない)。

そんなときに充電スタンドがあれば,家に帰ったら,スタンドに挿しておけばいいわけですから,不格好に充電することを防ぐことができますよ!

ちなみに下のスタンドは,キャップの収納場所もありますから,キャップ紛失の問題も防ぐことができます!

Apple Pencil(第一世代)に必要なもの③:ペーパーライクフィルム

これに関しては,Apple Pencilに関しての付属品というか,iPadの付属品なんですけど,絶対に必須です。

Apple Pencilを使うにあたって問題になってくるのは,その書いた感触が鉛筆やボールペンに著しく劣るというものです。

いわゆるガラス面にプラスチックで書きなぐるという感触になってしまいます。

正直Apple PencilとiPadは,そのままではかなり書き心地が悪いです。

そんな書き心地の悪さを解消するものこそが,ペーパーライクフィルムになります。

ペーパーライクフィルムとは

ペーパーライクフィルムとは,紙に鉛筆で書いたような書き心地を実現してくれる魔法のフィルムのことです。

こんな大袈裟に書いていますけど,すこしザラザラしている光沢のないフィルムのことです。

すごく単純な仕組むですけど,このペーパーライクフィルムを貼ると貼らないとでは,書くという動作の意欲が変わってくるほど違います。

ペーパーライクフィルムは,当然,iPadの画面のサイズ別ですので,気をつけて購入してくださいね。

iPadmini版

iPad版

iPadPro版

iPadAir版

ちなみに私が,iPadProに実際にペーパーライクフィルムを張ってみた記事がこちらですので,参考程度にどうぞ。

iPadProにペーパーライクのフィルムを貼った。世界が変わったどうもiPadPro11インチを愛でてめでて愛でまくっている私(@kabotyanman512)です。 以前こんな記事を書きました...

【超厳選】ApplePencil(第一世代)本当に必要なもの3選のまとめ

というわけで,ApplePencil(第一世代)本当に必要なもの3選をまとめてきました。

おそらく今回紹介した3点は,無くても困らないですが,あるとApple Pencil生活がより豊かになると思います。

買っても,後悔しないと思いますので,ぜひ購入を検討してみてください。

もちろんお財布と相談して,優先順位の高いものから購入してみてくださいね。

今回もお読みいただいてありがとうございました。