スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
周辺デバイス

まさかいじってないの?AirPodsのオススメの設定を公開。

AirPods 設定

どうもAirPods大好きな私です。

AirPodsってここ最近で一番のApple製品だと思います。

実際めちゃくちゃ高級なイヤホンですが本当に買ってよかったと思います。

さて,今回はそんな便利なAirPodsをさらに便利にするべくオススメの設定を公開したいと思います。

オススメの設定と言ってもそもそもAirPodsに設定必要あるの?って感じですけどね。

AirPods唯一の弱点とは?

AirPodsの弱点とは

AirPodsの弱点ってなんですか?

上でも述べたようにAirPodsはかなりクオリティの高いイヤホンですよね?

弱点を探す方が難しいです。接続もあっという間ですし,充電の持ちも申し分ありません。

私が考えるAirPodsの弱点はたった一つ。

それは,ずばり操作性です。

スマートを追求したAirPodsはボタンがひとつもついていません。これは結構思いきったことで,ほかの左右独立型イヤホンを見るとほとんどのイヤホンにボタンがついています。

それゆえスマートな見た目を手に入れた代償として,操作性を犠牲にしたのです。

具体的に言います。

あるコンビニでのできごと。

コンビニでの出来事

私がいつものようにコンビニに入りました。このとき車でAirPodsをつかって電話していたこともあり,AirPodsをしたまま買い物をしました。

かごをもってレジに並びます。

あることに気づきました。

あ。音楽流れっぱなしやと。

音楽を切ろうと思って操作性がよくわかっていない私は,とりあえずAirPodsをダブルタップ。

「ぽぽん」

よく聞いたことのある音。そう。満を持しての「Siri」の登場です。

音楽は止まるんですけど,なんかSiriがしゃべってる。

よく聞いてみると。

「おやすいごようですよ。」

無事会計を終えてiPhoneXを見ると,店員さんの「ありがとうございます。」に反応してる。

音楽は止まったけど勝手に店員さんと会話をし出す始末です。

苦笑いしたのは言うまでもありません。

初期設定のままだと?

初期設定

AirPodsの設定を一切触っていないと,ダブルタップするとSiriが起動するようになっています。

めちゃくちゃ使いずらいです。

コンビニの店員さんの前で「音楽止めて」とひとりでしゃべる必要があるのです。

え?って顔されるのは目に見えています。

とにかく不便なんです。今回の記事はそれを改善するオススメの設定を紹介します。

左右違う割り当てをしよう。

左右違う割り当てをしよう

AirPodsはiOS11からダブルタップの設定を左右で個別に設定できるようになりました。

具体的に言うと,右に再生/停止。左にSiriと設定できるわけです。

これがめちゃくちゃ便利です。

オススメの設定は?

設定

割り当てることができるのは4つのアクションのみです。

  • Siri
  • 再生/停止
  • 次のトラックへ
  • 前のトラックへ

この4つですが,私のオススメは,右に再生/停止を。左に次のトラックへを設定することです。

なぜ右に再生/停止を設定するかというと,一番使用頻度が高いアクションだからです。

私は右利きなので再生/停止を右に設定しました。

左に次のトラックを設定した理由は,使用頻度が二番目だからという理由ですね。

前のトラックやSiriは正直使いません。

曲を聴いていて前のトラックへ戻すことあまりありませんよね。

左ききの人は逆の設定のほうがいいかもしれません。

どうやって設定するの?

どうやって設定するの?

まず設定を開きます。

Bluetoothを選択。

AirPodsの右のiのボタンを選択。

それぞれダブルタップの動作を選択します。

左は次のトラックへ。

右は再生/停止へ。

これで人に話しかけられたときにすぐに音楽を止められますし,次の音楽にすぐに飛ばすことができるようになります。

豆知識:以外と知らないAirPods情報

豆知識

ここからは補足として意外と知らないAirPodsの操作方法を紹介します。

電話ってどうやって出るの?

意外と知らないかもしれませんが,AirPodsをつけているときに電話がかかってきた場合左右どちらかのAirPodsをダブルタップで出ることができます。

ちなみにLINEでも出ることができました。

もちろん電話を切りたいときもダブルタップすれば切ることができます。

そういやこのボタンってなに?

ケースの裏にボタンがついていますよね。

このボタン何に使うかしっていますか?

おそらく知りませんよね(笑)

その理由は使い道がないからです。

実は,このボタンはセットアップボタンです。セットアップの時しか使いませんので,一度設定してからは使いません。

左だけで音楽聞いたり電話したりできないの?

片方で電話

AirPodsを使って最初に思う疑問がこれですね。

実は,初期設定のままだとできません。

これも設定を変えると可能になります。

上と同じように設定画面をひらいて自動耳検出をオフにしてみてください。

これを行うと,片方のみでもiPhoneと接続することができます。

ちなみに私は常にオフにしています。これは好みが分かれますので,一度オフにして試してみるとよいと思います。

まとめ

AirPodsのあれこれについていろいろ書いてみました。

いろいろ知らない事実がありますよね。

ぜひこの機会に設定をいじってみてはいかがでしょうか?

あなたのAirPodsライフがさらに充実するかもしれませんよ?

今日もお読みいただいてありがとうございました。

こちらもどうぞ。

あわせて読みたい
AirPods
AirPodsのケースは絶対必要だと思った4つの理由とケースのオススメ4選 AirPodsは購入しましたか? これから購入しようと思っているあなたも,すで購入しているあなたもAirPodsのケースは...
あわせて読みたい
その3
iPhone7/8/Xはイヤホンジャックがない。だからつければいい。どうもついに林檎を染めるブログも100記事目を迎えました。紆余曲折ありましたが,レビュー記事や付属品紹介記事が多くなりました。今後はもう...