スマホ代を本気で安くする記事はこれ!
アプリ

無料アプリの収益はどのように発生しているのか。有料と無料アプリの違い。

アプリケーション

無料アプリってなんで無料なの? 

そんな風に考えたことはありませんか?

スマホを使っているとアプリをダウンロードします。 

それを使うとスマホの便利度がぐーんとアップしたりしますよね。 

作ってくれている人に感謝をしなくてはなりませんが,なぜ便利なアプリを無料で提供してくれるのでしょうか。 

本日はなぜ無料アプリの収益はどのように発生しているのか。そして,無料と有料アプリとの違いは何かを解説していきます。  

そもそもアプリとは 

そもそもアプリとはなんでしょうか。アプリは正式名称をアプリケーションと言います。 コトバンクで定義を調べてみると。

ワープロ・ソフト、表計算ソフト、画像編集ソフトなど、作業の目的に応じて使うソフトウェア。 市販されているもののほか、特定の企業の業務に合わせて開発される業務用アプリケーションや、有志によって作成され、無償または寄付により配布されるものもある。応用ソフトウェア、アプリケーション・ソフトウェア、アプリケーション・プログラム、または略してアプリということもある。これに対して、OS、ドライバー、ファームウェアなど、コンピューターの制御に使われるソフトウェアをシステム・ソフトウェアという。

引用:コトバンク

んー難しすぎてよくわかりませんね。私個人の解釈をしてみますね。

アプリはすき焼きの具

アプリはすき焼きの具みたいなものだと思います。なんのことを言っているのかさっぱりわからない? 

すき焼きは醤油に具を入れて煮ることによってとても美味しい料理に変身しますよね。だから,スマホは鍋と醤油。アプリは具なのです。どのような具を入れるかによってスマホが変わるということですね。 もしもスマホにアプリが入っていなければ,ただの醤油汁です。あまり美味しいとは言えませんね。だからみなさんLINEなどのアプリケーションを入れてすき焼きを素敵なものへと変えていくわけです。 

なんで無料アプリを作るのか 。

林檎
林檎
無料アプリありがたいなー

そうなんですよね。無料アプリとってもありがたいです。では,なぜ無料アプリを提供するのでしょうか。大きく分けて二つ理由があると思っています。

使ってくれるあなたのため

これが一番だと思います。私がブログを書いている理由もこれです。こんな素晴らしい機能をみなさんにしてもらいたい。そんな思いからこのブログを書いています。無料アプリを作る際も同じです。

無料アプリをいくらダウンロードしてもらっていても,お金にはならないわけです。

アプリを使ってもらって「このアプリいいよね!」とあなたに言ってもらえればそれで幸福な訳です。私も同じです。ブログを読んでいただいてあなたの生活が少しでも便利になればこれほど嬉しいものはありません。

お金のため

使ってくれて便利になったら嬉しいなーとは,思います。でも,アプリを使ってもらうためには,アプリを開発しなくてはなりません。そのアプリの開発のために仕事をやめて10年。やっと完成。その後,無料でみんなに使ってもらえてハッピー。

これだと残念ながら生活が崩壊してしまいます。だから,多少はお金稼ぎのためもあるでしょう。

無料アプリはどうやって稼いでるのか。 

林檎
林檎
無料アプリで稼ぐって言ったって稼げないじゃないですか?だって無料なんですよ?
かぼちゃんマン
かぼちゃんマン
いや実は稼げる方法がある。だから無料アプリが開発されているんだよ。

広告費

よく無料アプリを開くと画面の下の方に広告出ませんか?あれで稼いでいます。あの広告が1クリックされると,1円です。

そうなんですよね。かなり厳しい稼ぎになりそうです。ただし,無料のアプリはダウンロード数が多くなる傾向がありますので,これでもやっていける可能性があります。無料なんですからとりあえずダウンロードして見ますよね。

課金

多くのアプリがこちらで稼いでいるイメージがあります。こちらのタイプで儲けを出す場合,あまり広告が入っていない印象があります。

ゲームのアプリが多いですね。

有名どころで「パズドラ」とかですね。
パズル&ドラゴンズ

パズル&ドラゴンズ
無料
posted with アプリーチ

ちなみにEvernoteもこちらで収益を出しているはずです。私も有料版にしていますので,毎年お金を払っています。

Evernote
Evernote
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

有料と無料アプリの違い 

林檎
林檎
じゃぁ有料アプリと無料アプリって何が違うの?

確かに,こうなってくると有料アプリと無料アプリの違いが気になってきます。何が違うのでしょう。

広告の有無

上でも書いた通り,無料アプリは広告で儲けを出しています。逆に有料アプリはダウンロードしてもらった時点で,儲けが発生しているわけです。そこからさらに貪欲に広告を掲載すると,ユーザーが減ります。そのため,有料アプリでは広告を掲載しないことが一般的です。

つまり,有料アプリには広告がなく,無料アプリには広告があるということですね。これは大きく操作性に関わります。例えば,ある作業をしている際に広告が入りタップしてしまったら作業が一時停止します。かなりうっとしいですね。

アップグレード回数

アップグレード。これは,アプリの更新のことを言います。有料アプリは,この頻度が多い傾向があります。その理由は,アプリをダウンロードした際に金額を払っている分ダウンロードした人の期待が大きいからです。頻繁にアップグレードをしないと,顧客が離れて行ってしまいます。スマートフォン更新にも対応しなくてはいけませんから結構大事な要素です。

あとは有料アプリの場合,運営さんがしっかりしている場合が多いです。相当の自信があるから有料でアプリを出しているわけですね。しっかりしているとは,従業員を雇い会社として開発をしてることが多いということですね。

ヘルプの充実度

ヘルプというのは,「助ける」という意味ですね。何かアプリに問題が起こった時の対応が早いということです。不具合が起こった時や使い方がわからない時に,修正やアドバイスをくれたりします。一般的に無料のアプリは対応しないことが多いです。有料のアプリの場合,すぐに電話にて相談できることがあります。

あなたはどっちを買うべきか。 

私は,有料アプリを買うことが多いです。

その理由は簡単で信頼度が段違いだからです。無料アプリの場合,誰でも作ることができます。上でも記述した通り,ある意味無責任でアプリを開発することができます。しかし,有料の場合,お金を取っているので責任が伴います。それによって質の高いアプリが提供される場合が多いです。もしも質が低かった場合,レビューにて酷評されるのでわかりやすいですね。

あとは,広告がうっとおしいです。私は,作業効率が下がるのがとても嫌いです。作業効率が下がるならお金を払った方がましです。もちろん,私は安い給料の中でやりくりしているので厳しい部分もあります。しかし,有料アプリといえど,1000円以上するものはかなり珍しいです。飲み会を一回我慢すれば,便利なアプリが5こ買えるとなれば安いものですね。

もちろん無料アプリを否定する気もありません。有用なアプリが無料アプリに多いのも事実です。レビューの星の数や評価を見ながら自分にあったアプリを選択するのが重要ですね。

ちなみにそのアプリはこちらです。

PDF Expert by Readdle

PDF Expert by Readdle
開発元:Readdle Inc.
¥1,200
posted with アプリーチ

まとめ 

無料と有料アプリの違いについて簡単にまとめてみました。

結局は,効率化を求めるか,ある程度効率化を捨てて無料を得るかの違いになると思います。

広告が嫌なあなたは,迷わず有料アプリを買うべきだと思いますよ。私が買ったいちばん高いアプリは1200円ですから大したことないですね。誰でも買えます。ちなみにそのアプリは3年使ってます。一年あたり400円。激安ですね。

有料と言っても安いので試しに買ってみるという感覚でも悪くないと思いますよ。

今日もお読みいただいてありがとうございました。

こちらもどうぞー。

あわせて読みたい
モバイルバッテリー
【オススメ】iPhone用のモバイルバッテリーは5つの基準で選ぶ。 すぐにオススメのモバイルバッテリーを観覧したいあなたは,目次から用途別に飛んでくださいね。 モ...